有志委員会

基本方針

昨今の情勢により、益々変化への対応が求められる時代になってきたと感じます。我々は、その中核を担う青年経済人として、より一層情報に敏感になり、行動を起こし、思考力を養う必要があると考えます。
地方が衰退する中、次世代が定住したいと思える環境作りを行うべく、力を合わせ、会員・会社組織・倉吉の街を成長させる活動を行います。
この倉吉 YEG にて新しい風を起こし、地域や全国が活気づく一歩を、委員会活動を通して進めて参ります

実施事業

①7月例会

② 2月卒会例会

③会員拡大

 

大希帆走委員会

基本方針

いまを担う責任世代である倉吉 YEG が、提言活動という大きな役割を通して、愛すべき地域をより良き未来へ繋いでいくための事業を行います。
また、地域経済の発展を願うものとして、地域や企業の抱える様々な課題に対し、スムーズに行政機関と解決に向けた連携が取れるよう、体制を整える事業を行います。

実施事業

① 6月例会

② 9月例会

③行政との連携強化

④提言活動

⑤会員拡大

 

街あそび委員会

基本方針

「地元で大いに遊ぶ」ことをテーマとし、倉吉の新たな地域資源となる鳥取県立美術館とクライミングの聖地化に焦点を当てた地域活性化事業に取り組みます。今後これらがもたらす地域振興の可能性や地元住民との関わり方を模索し、街全体で事業を盛り上げる仕組みを作ることにより、地域内外から愛される新たな倉吉のブランド創出を目指します。

実施事業

① 6月例会

②11月例会(新入会員・次年度理事研修会/新入会員歓迎会)

③スポーツクライミングに関わる事業

④盛り上げ部会事業(倉吉青年会議所・鳥取県中部中小企業青年中央会との共同事業)

⑤会員拡大

広報委員会

基本方針

倉吉商工会議所青年部の魅力を会員はもとより、一般の方々に認知して頂かなくてはなりません。そこで、広報紙発行、ホームページや SNS を積極的に活用してブランディング力を高める広報を行います。情報を受けた方がわかりやすく正しい情報を得られるために、責任ある広報をすることで地域から信頼される組織となる様に取り組んでまいります。

実施事業

①10月例会(移動例会)

② 1月例会(新入会員・次年度理事研修会/新入会員研修会)

③ 広報紙発行及びホームページ・SNS での広報活動

④会員拡大

進 Catch☆up 委員会

基本方針

昨年度は新型コロナウイルスの影響により年間の多くの事業での縮小を余儀なくされ、会員間でのコミュニケーションの場を創造する事が出来なかったと考えています。当委員会では、倉吉 YEG 全体の円滑な事業運営の基礎となる、会員間の交流というテーマを重点事項とし、昨年よりもさらに多くのつながりを持てる環境をつくりたいと考えます。この活動により倉吉 YEG が同じ目標に向かい一丸となって進んでいける「仲間」となり、より団結した組織を目指します。

実施事業

① 4月通常総会・五役会サポート

② 8月臨時総会・五役会サポート・納涼例会

③12月臨時総会・忘年例会

④会員拡大

⑤会員拡大(例会毎の出席率報告)